近畿民具学会第251回例会のお知らせ

近畿民具学会より、例会のお知らせをいたします。
前回・前々回につづき、3回連続で開催する講演会のご案内をいたします。
永年にわたり、民具から歴史を研究されている河野通明氏による、「摂河泉」各地の博物館施設での講演会です。
最終回は和泉編として、岬町で開催いたします。

会員の方はもちろん、博物館等で民具に携わる方、これから民具研究を志す方など、
多くの方に参加して頂きたいと思います。お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

◇日時など
日時:平成28年9月25日(日) 13:30〜16:30
※はがきでは25日(土)となっていましたが、25日(日)のあやまりです。お詫びして訂正いたします。
会場:岬の歴史館(岬町立孝子小学校) (電話:072-492-2324)
大阪府泉南郡岬町孝子498

南海線「孝子駅」下車 徒歩2分
道狭いですが、駐車場あります。

◇内容
講演「民具から歴史情報を引き出す方法③」
・岬町の犂は大化改新型犂体に紀北の犂へら
・孝子はなぜキョウシ?
・鍬は織豊期に大変身
・「民具からの歴史学」で和泉の古代、岬町の庶民の古代史に迫る
講師:河野通明氏(神奈川大学名誉教授)
参加費:無料

問い合わせ先
武知邦博(E-mail:ktkc at ann.hi-ho.ne.jp)
※atを@にかえて送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です