近畿民具学会第253回例会のお知らせ

近畿民具学会より、第253回例会のご案内をいたします。
第253回例会は平成28年4月にオープンした京都鉄道博物館を見学します。同館は閉館した交通科学博物館(大阪市港区)及び梅小路蒸気機関車館(京都市下京区)両館の歴史と鉄道文化を継承した鉄道の総合博物館として、公益財団法人交通文化振興財団が設立しました。同館には国産初の量産型蒸気機関車として重文指定を受けた230形233号蒸気機関車や0系新幹線、トワイライトエクスプレスなどの懐かしい貴重な車両に加えて旧二条駅舎も展示されています。
近年、文化財保護政策が近代にまで及び、これからの博物館は近代以降の工場大量生産用具あるいは機械類の調査・収集・保存・活用について、これまで以上に積極的な取り組みを行わねばなりません。今回は京都鉄道博物館の活動を先進事例として取り上げ、同館の開館に直接関わってこられた乃村工藝社岸田匡平氏を講師にお招きし、近年の展示の傾向、見学館の展示の考え方、留意点等についてレクチャーを受け、広く国民生活の推移の理解に役立てることを目的としています。

◆開催日時
平成28年12月18日(日) 13時30分~16時00分

◆集合場所
京都鉄道博物館(京都市下京区観喜寺町)エントランスホール

◆参加費用
入館料1,200円(一般)
※事前に前売入館券をセブンイレブン設置のマルチコピー機(セブンチケット)にて購入されるか(当日の正午まで販売)、あるいは前日までにJR西日本みどりの窓口にて購入、もしくは当日少し早めにお越しいただき、入館チケット販売機でお求めいただくとスムースに入館できます。

◆アクセス
JR京都駅中央口より西へ徒歩約20分

◆その他
京都鉄道博物館ホームページはこちら
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。